不動産売却の流れ

 

物件をお売りになりたいと考えておられる、物件提供者様の参考になりますように簡単なフローチャートをご用意しました。

 

1.媒介業者に査定を依頼

売却に入る前に、不動産会社と「物件の売却を任せる」という「媒介契約」を結びます。媒介契約には3種類があり、1つ目は1社のみと契約し、不動産会社が紹介する相手としか売却できない“専属専任媒介契約”、2つ目は1社のみと契約し、自分が探した相手にも売却できる“専任媒介契約”、3つ目は複数の会社に依頼する“一般媒介契約”です。一般的には“専任媒介契約”か“一般媒介契約”が行われています。

 

2.媒介業者を決定・契約

上記の査定を任せた「媒介契約」を結んだ業者と正式に契約します。

 

3.売り出し開始

契約した媒介業者が、物件の売り出しを開始します。株式会社 北海道KSプランニングは、広告・インターネットでの物件情報の公開などで広く告知し、また売却物件の調査等をし、定期的、または一定のタイミング(買い主からのアプローチがあった場合など)に売主に状況報告いたします。

 

4.売却条件の交渉・契約

買主が提示した購入条件を売主に報告致します。打ち合わせなどの上、合意が得られれば売買契約を交します。

 

5.代金の受け取りと物件の引き渡し

売買契約後、通常約1ヶ月程度で物件を買主に引き渡します。